スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴乞う雨読

雨が続く今宵は読書
「セカンドウィンド 3」
地味に活動ちう(-.-)
RIMG03024030.jpg

土曜日は暑かったyo

とてもじゃないけど昼間に活動はできません(-_-)
一部、旅情と称して過酷な地獄めぐりが開催されたようだが・・・

紫外線が気になる お年頃のわたくしは、キッパリ日中の活動キャンセル
日が傾いた17:30時出走であります。

走り出してまず行うのは、風向きチェック!
セイルを使用するスポーツでもないのにね(笑)
南風なので、帰りで楽をするために、南に進路をとる
いつも通り上江橋へ向かう、荒サイに降りるヘアピンには降りず
大宮側の土手へ、さて、どこまで行こうか・・・
とりあえず、TRRSの聖地 彩湖へ行ってみることにする
途中、土手に上がってきた学生のカーブの大回りで接触しそうになり
肝を冷やすも無事にすり抜け南風に抗いやっとこ
彩湖に到着、さすがにこの時間だと、閑散としてます
1周フラ~1周 フラ~と走る結構長いですね~
レーシングな方達は、ここを恐ろしいスピード何周もされるのだと(>_<)
信じられません。
2週目 ちょっぴり ガッツをだして、周回するも、
ことごとく、坂で失速(笑)まぁ、ストレートも失速してるのだが(爆)
やっぱ凄い人達なんだと、TRRSを尊敬するのであった。

結局こんだけのことで疲れちまったので、帰還することにしたw 
まったくの根性なしである。まったくもって情けない(-_-)

帰りは、追い風アシストで蝶たのC~(^o^)
ルンルンでゴルフ場脇を走り、田んぼクランクを曲がり
田んぼ道の白線の上を落ちないように~なんて くだらない走りをしていると
なにやら、バックミラーにチカチカ星の瞬きが・・・
かなり後方であることは間違いないが、チラ見しただけでも
明らかに速度の次元が違うことがうかがい知れる。
こちらも、アシストを受けてる身、このまま差されるのもなんなので
ちょいとペースアップ・・・・
しかし、土手に上がる前で、捕獲され、あっさりパス(T_T)
おまけにそのお方、ツーリング帰りらしくパンパンの荷物背負って軽やかに
走って行きす。凄いなぁ~
川越線の踏切に引っ掛かって、追いついたので
付いていこうとするが、上江橋に上がる左カーブをダンシングでグイグイあっという間に
遠ざかり・・・・
城達也のジェットストリームのナレーションが頭をよぎりました。フルイネ~(^^ゞ

「夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは 遠ざかるに連れ次第に星の瞬きと区別がつかなくなります」

いいオチでしょw
これにて、一件落着(爆)

LOOK HSC5

こんなものを手に入れてました。

P41007714030.jpg

↑LOOK HSC5
アンカーRCS3のフォークを変えてみました。
重さを計ってみると↓
P40907684030.jpg

314g
上位のHSC6には劣りますがまずまずの軽さ。
アンカーのオリジナルフォークは↓
P40907674030.jpg

685g
ご覧の通り、これで371gしか軽くなりませんでした。(笑)

mさんのブログを雛形として使用させてしただきました(爆)

今朝、メールをチェックするとmさんから着信あり

なにやら、私のLOOKフォークの番号いくつなんだと質問
5ダヨと回答

ピーンと来ました
前からアンカーのフォークを換えたいて言っていたmさん
確か、あそこでLOOKのフォークを見かけたので
探りをいれると、ピンポーンでした(笑)


mさん 、ヘッドパーツはこれに換えたか~
P40907704030.jpg

タンゲのヘッドじゃダメやでぇ~
私の記憶がたしかなら、RCS3のヘッドパーツは
TANGE IS 22LT アンギュラー角 45°/45°
LOOKちゃんは下玉押し一体成型の36°

ここね

で、私は、FSA ORBIT 1 CARBON(HS-FS-003)ちゅうのを買いました
今のところ壊れてませんの大丈夫でっす(爆)

マイノリティ リポート(実走編)



さて、前回からの続き、
TUFOのチューブラークリンチャータイヤで走ってみました
100キロほどでありますが(^^ゞ
P52908614030.jpg

乗り心地がいいですよ~
チューブラーは乗り心地がよいとは、よく聞きますがなるほどなっとくです
まぁ、今回のは、完全なるチューブラーではなく、らしき物ですが、
その片鱗は垣間見ました。

とりあえず、スーパーピスタで10気圧に加圧して走行
いつもは、大抵、クリンチャーで8気圧でしたので、
これほどパンパンでは、尻にビシビシくるだろうなぁと思っていましたが
これが、いいんですわ~
アルミフレームから、カーボンに乗り換えた以上に振動が来ませんでした
カーボンフレームにこれつけたら・・・ワォ!、今度やってみよう <振動来ないかも>(笑)
アスファルトが、ごつごつしたところで、いつも、脚を止めてしまうようなところも
漕ぐ気になります。(^o^)
転がりも、よいと思います。

なるほど、カーボンディープリムのホイールの凄さが分かる気がします
ただ、カーボンリム、チューブラーだと扱いに注意、及び面倒くさい、(パンク修理やら、専用ブレーキシューやら)

その点、アルミリムのエアロでこのタイヤを使うのなら、ブレーキに気をつかわなくていいし、パンク修理も楽、
決選用じゃなくて普通に使えそうなので有りかなと思えちゃいます。

問題は、やはり、
タイヤ交換、交換用タイヤの携行ですな
それほど面倒ではないのですが、チューブラークリンチャータイヤは小さく畳めませんので
普通は、クリンチャータイヤに交換することになると思います。
しかし、このクリンチャーも畳んでもかさ張るんですよね~

今回は、シートチューブのボトルケージのツール缶に入れて携行しまいたが、
2ボトル体制になったら、対応できないので、トライアスロン用ンのシート下に付ける2連ボトルケージを装着して
これからの夏 走行にも対応できるようにしました(^_^)v
P52908624030.jpg

走行感が軽くなっても、実質重量増で、なにやってんだか(笑)

でも、チューブラーを少しかじれたことは 収穫になったよ(^o^)

マイノリティ レポート(装着編)

仲間の皆さんが、TOJで格闘されていたとき、私も、汗だくで格闘(^^ゞ
これで汗だく
RIMG02924030.jpg

さて、row-kumaさんのブログでその装着が非常に困難であるため、使用をあきらめたと言わしめた
第3のタイヤ チューブレスタイヤ
チューブが無いので、パンクしにくい、乗り心地がよい、転がりがよいと
絶賛する使用者も多々いる

構造上ビード部でシールしなくてはいけないので、
その強度はかなりなようだ、
また、ビード部に柔らかいゴムを使っている物もあるようなので
タイヤレバーの使用ができない。
つまり親指命なのである。
チューブレスタイヤ養成親指ギプスで今さら強化できないので
石鹸水で濡らして滑り込ませるといった技が必須らしい
パンクしたら、チューブを入れれば、普通のクリンチャータイヤとして使えますっていったって
これじゃ、嫌になるね

私も、味わってみたいと思ってみましたが・・・。

まず、チューブレス対応ホイールをもっていません
一応、スポーク用の穴が開いていないマビックのキシリSL系は持っていますが、
マビックがチューブレス対応を謳っていないので よい子の私は無理やり装着はいたしません。

え~っ!
じゃぁ この話終わりじゃんw

チューブラーホイールも持っていない私
そもそも、チューブラータイヤは、リムとタイヤを接着剤やら、両面テープで張り付けるといった
これまた、外出先での交換作業に手間がかかりそうな一品です。

ドラエモ~ン 乗り心地がよくて、転がりがよくて、タイヤ交換もしやすいタイヤないのかい?

チュ~ブラ~クリンチャ~♪
RIMG02944030.jpg

すっかりその存在を忘れていましたが、これを試す時がきました(笑)
え~ チューブラークリンチャータイヤ・・・・
一言でいえばチューブラータイヤにクリンチャー用リムに引っかける溝が付いていて
クリンチャー用のホイールに装着できるものです。
RIMG02954030.jpg

ずっと気にはなったいましたが、やはり、パンク1回でオシャカになってしまう、恐ろしさから
手を出したことはなく、そのまま、記憶からも、忘れ去られていました(笑)

凄い、箱に入ったタイヤを初めて購入しました
箱にはメイド イン ヨーロッパなどとザックリとした生産地表示がしてありますが、
TUFOはチェコ製らしいです。東欧の工業製品のクオリティイメージに良いものはあまりありませんが
この、梱包から、すればいいものでしょうw

中を開けるとポリ袋に入ったタイヤ・・・箱の割りのサッパリしてます
RIMG02964030.jpg

早速、開封して、タイヤを取り出す
問題のリムの凸が引っ掛かるタイヤの凹を見ますが意外と小さい
RIMG02974030.jpg

これで大丈夫なのか少々不安がよぎる
なにしろ、対応空気圧が最低8気圧~MAX15気圧と高圧 
まぁ、ここまで、うちのスーパーピスタで入れる気ありませんがね

さて、取り付けにかかります 前輪から

昔、メンテ本でチューブラーは少し空気を入れてから、装着なんて書いてあったので
入れてみたが、こりゃぁ失敗 片側のビードをリムに落とし込むことすらできない(>_<)
この時点で親指逝ってますw

空気を抜いてチャレンジ!
はいらね~
ムキーッ やっと片側のビードをリムに落とし込めたとおもったら
バルブが斜めになってる(>_<)
このままではバルブ部やホイールに変な応力がかかるので やむなく
取り外し・・・
少しモチベが下がってしまったので コーヒーブレイク( ^^) _U
しばらくして、再チャレンジ
ムキーッ!ムキーッ!ムキーッ!!
入った~\(^o^)/ 
頭の中でロッキーのエンドテーマとクリフハンガーのテーマが流れます
これ 私の中での達成感MAXの音楽(笑)

ここでこんなに大はしゃぎしてますが、たかだか前輪の片側のビードがリムに入っただけで
これから、もう一方のビートをリムにいれ、溝にリムをはめ込まないといけないのです(ーー;)

さて、反対側の取り掛かります。力まかせで、ビード入れようとしますが なかなかうまくいきません(+o+)
いろいろ、入れ方を試していると コツがつかめてきました、先に入れたビードを引っ張り上げるようにしてから
入れようとしているビードを押し込むと、最初に入れたビード側の溝にリムが入り込み、
入れようとしている方のビードの溝にもリムがうまい具合に入ります。
お~ このコツをつかんでからは、かなり、楽になりました
が!
最後のバルブ部分のリムを溝に入れるのが、一苦労 バルブが邪魔して押し込めない
最後はタイヤレバーの押し込みでやっと前輪のタイヤ取り付け終了~
長かった(-_-)

次に後輪でっす

まず、前輪での教訓から、空気は入れません(爆)
ここで、今回はリムになじみやすいように、タイヤを伸ばす行程を最初に取り入れました。

タイヤの輪のなかに入り、背中にタイヤを当て、腕と肘を使って外側に押し出し伸ばします
なんか、輪の中に入ると、ウキウキしませんか ?
フラフープしかり、浮き輪しかり、電車ごっこしかり(笑)ワタシダケ(汗)

まっ 気休めだとおもいますが、何度かやってなじみをだします。w

この行程後、片側のビードをリムに落とし込みます
お~~~~
今度は、楽に入りましたよ~
どうやら、なじみ作戦成功のようです。これ1回だから、本当に効き目があるかは まだ分からないけど
私の中では、このタイヤをセットする時のジンクスとすることに決めました(笑)

あと反対側は、先ほど つかんだコツで、それほど時間もかからず完了\(^o^)/
コツをつかんだ後輪への装着は、楽にできました。

これなら、出先でもできそうですが、
パンク対策で携行するタイヤはクリンチャーにしておこうと思います
あれ、そうすると普段携行するタイヤはクリンチャーチューブラーが2本パンクしたとき用として
2本持ってないと安心できないってことか
これで、チューブも余分に持ってじゃ 荷物がかさむな~

やっぱり、クリンチャーが一番、コスパも、携行性も、一番いいみたい
さて、クリンチャーチューブラーの有効性をどこにもとめるか?
乗り心地も、転がりも、耐パンク性もたいしたことなかったら・・・う~ん(-_-)

まだ、乗ってないけど、10気圧いれたら、コッチコチ 乗り心地悪そうだよ(爆)
転がりの良さにかけよう(笑)

次回、実走編(1か月後)

さて、こんなに、苦労して嵌めた訳ですが、サイクルベース朝日のところに
嵌め方の動画がアップされていました
やっぱ空気は最初入れちゃダメで、片側のビードを落としこんでから少し入れて
反対側のビードに取り掛かりるようです。溝にリムを嵌めるコツは、動画でもやってました
最初から見ておけばよかったよ(-_-;)
プロフィール

takecy13

Author:takecy13
ちょっとしたきっかけで始めた自転車、これが面白いし、気持ちイイゾ!
メタボは、解消できるし、自転車いじるのも、楽しいヨ!
走りは、チョー遅いから一人気ままに走ってます。
嫌いなもの:登り坂、巡航30Km/h以上の列車!
好きなもの:下り坂、追い風のアシスト!

TAMA-RANGER掲示板
今日の日付入りカレンダー

09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
photo gallery

candy 7


ADSL


ISHIBASHI IKARI RCS3


プー嬢


SORA


monolith


blue chateau


cleared for take off


midnight kuge bridge


mama・・・


blue flower


rose


not lantern rouge


kurogane no shiro


blue bridge

夕景-2-4030

海辺の少年


boys in summer

夕景-6-4030

at sunset


TT-RB-SL


夕景


東京タワー


月光


橋の下のレガ


1,5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。